No.20180339

BKF Butterfly Chair (Mariposa Black)

  • 138,000円(税込149,040円)
  • 117,300円(税込126,684円)

MANUFACTURER
Cuero(Sweden)

DESIGN
Antonio Bonet, Juan Kurchan & Jorge Ferrari Hardoy

COLOR
Mariposa Black
レザー : ベジタブルタンニン革 3.5mm

SIZE
W900・D850・H850mm

店頭展示品に限りお買い求めになりやすい価格となりました!
※新品をご希望のお客様は事前にご連絡をお願い致します。

1938年にアルゼンチンのブエノスアイレスで生まれた BKFチェアは、バタフライチェアの愛称でもよく知られています。

1885年にイギリスの土木技師ジョセフ・フェンビーがデザインした折りたたみ椅子「トリポリーナ」からインスピレーションを受けたアームチェアです。

BKF という名前は、当初この椅子をデザインしたアントニオ・ボネット、ホアン・クルチャン、ホルヘ・フェラーリ = ハードイの三人の頭文字に由来しています。

その美しいアームチェアは、発表後、瞬く間に有名になりました。当時生産されたオリジナル版は、ニュ ーヨークの MoMA に展示されています。

一社によって独占的に製造されるというよりは、各地の製造者によって生産された椅子です。その生産の様子は、まるで世界のあちこちに散らばった種がそれぞれの場所で芽を出して成長していくかのようでした。

ヒッピーたちに愛用された1960 年代を経て、やがて大量生産されるようになると、安価な値段で入手できるようになり、 一般家庭のティーンエイジャー向けの椅子としての需要も高まりました。しかし、その後は流行が終焉し、中古市場でキャンバス製のものが有り余るほどに流通したこともあり、80 〜 90 年代になると生産は途絶えてしまいました。

ところが、2000 年代に入り、アルゼンチンから遠く離れた北欧の地で BKF チェアは復活を遂げることになったのです。

スウェーデンの CUERO (クエロ)社の創業者、ラース・キヤスタディウスは2005年に BKF チェアの再生産を始めました。かつてとは違って、今度はキャンバスではなく、イタリアから取り寄せた最高品質のレザーで作りました。その結果、復活後の BKF チェアは発売後すぐに大成功をおさめました。

生まれ変わった BKF チェアに使用されているのは、通常の手法よりも手間のかかる方法でなめされた、ベジタブルタンニンのレザーです。その仕上げにかかる工程には、熟練の職人による特殊な技術が必要とされます。イタリアのいくつかの小さな皮革なめし工房が連携して工程を進めて非の打ちどころのないレザーを完成させ、CUERO 社に納めています。

長年、バッグを中心とした革製品の製造に携わってきたラース・キヤスタディウスは、皮革の縫製に精 通していたため、このBKF チェアは人が座ったときにかかる体重によってレザーが変形しないような作りになっています。その座り心地の快適さは、計算され尽くした曲面のカーブのおかげです。

さらに、オプションのピローを組み合わせれば、極上のくつろぎの時間が過ごせるでしょう。また、CUERO 社が独自に開発したノックダウンとパッキングで、 小さな出入り口や狭い階段などでも運びやすいという点も人気の秘密の一つです。

スウェーデンでは、BKF チェアが生まれたアルゼンチンにちなんで、スペイン語でバタフライ、つまり蝶を意味する Mariposaというシリーズ名が付けられています。スウェーデン製のこのBKF チェアは、北欧の蝶、Nordic Butterfly というわけです

※こちらは基本お取り寄せ商品となりますので、ご購入より1週間程度でのお届けとなります。簡単な組み立て式となり、付属の工具を使ってフレームを組み立て、レザーシートを装着します。
CLOSE