Birger Dahl Dokka Pendant Light

Birger Dahl "Dokka" Pendant Light

ノルウェーのデザイナー、ビルゲル・ダールによって1954年にデザインされた「Dokka(ドッカ)」は、ノルウェー生まれの照明として初めてミラノトリエンナーレで金賞を受賞した照明です。

こちらは、当時オスロの照明メーカーS?nnico社で「S-10053」という型番で製造されていた照明を、ノルウェーの照明メーカーNorthern Lighting(ノーザン・ライティング)社が2007年にオリジナルの形と特徴を継承し〈Dokka〉という名で再リリースした製品です。

デザインされてから60周年を祝して作られた(Dokka)は、新たに北欧らしい絶妙なカラーリングを含めた6色を展開しています。

製品の詳細はこちらをご覧ください。

Mid-Century MODERN